妊娠線予防クリーム【口コミ】塗るならおすすめはコレ!

早めに使ってケアしましょう!

妊娠線予防クリームは、赤ちゃんが出来て3ヵ月くらいからはもう使う方がおすすめです。

 

特に乾燥しやすい秋から冬にかけてなどは必需品ですが、ただのクリームだけだと妊娠線の予防にはならないので、保湿はもちろんですが、プレママさんの敏感な肌にも大丈夫な成分が入っているものがいいですね。

 

ママ&キッズのナチュラルマーククリームはとてものびが良くてベトベトしないのがいいです。化粧品によく入っているパラベンなども入っていないし、弱酸性、無香料などお腹に赤ちゃんがいる時って少しの匂いにも敏感になる時ですが、無香料なので全く気になりません。

 

ママ&キッズのは伸びがいいので少量でも安心ですが、お腹の下や腰回りなどはちょっとたっぷりめに塗ってました。産後は赤ちゃんの保湿にも使えるのでとても経済的です。

 

肌に必要なコラーゲンやヒアルロン酸なども入っているので美肌効果もあります。早めの段階から使用して、妊娠線と肌の乾燥を防ぎましょう。

 

西松屋のクリームは無添加で肌に優しい!

初産という事で色々な不安がありました。その中でも妊娠線は一度できたら消えないと聞いたので、おめでた4ヶ月頃から将来の予防のためにも市販のクリームを使用し始めました

 

西松屋が発売元になっている「犬印ボディマッサージクリーム」を現在(臨月)まで使用しています。ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミドなどか配合されていて、無添加だったため、西松屋の商品を使用してみようと思いました。

 

4ヶ月目から使用していますが、臨月となった今現在まで妊娠線は出来ていません。説明書にはクリームの塗り方なども書かれていて、とても分かりやすく、初めての出産で何もかもが分からないことだらけの時にとってはとっても親切でした。

 

説明書の通りにマッサージしながら、妊娠線を予防するためにお腹にクリームを塗るととても気持ちよく、保湿効果も1日続く感じがしています。また、お腹以外のお尻や太もも、胸などにも使用する事ができ、とても重宝しています。

 

今年4歳になる一児の母のおすすめ!

懐妊初期からお腹まわりの「妊娠線」に関しては気にしていて、雑誌やインターネットの口コミやランキングで予防のクリームに関して調べました。

 

雑誌でサンプル商品をいただいたりしましたが、保湿を重点的に行うのがおすすめと聞き、私が産後まで使用していたのが「ニベア」の青缶でした。むしろ、薬局で買った他の商品は肌に合いませんでした。

 

「妊娠線の予防クリームでニベア?」とお考えかもしれませんが、保湿力・価格ともに優れていて、毎日使用するものなので安い価格でおさえたいという気持ちを実現してくれました。産後から数年断ちますが、私のお腹には妊娠線はひとつもありません。

 

妊婦になった友人からも相談されたので、実際に使っていたニベアの青缶を紹介したところ、やはり出産をおえてもキレイなお腹のままでした。ニベアのおかげで、夏もお腹の妊娠線を気にせずビキニの水着が着られます。